明治以来、日本の近代産業の中軸であり続けてきた繊維産業。東海地区は今日に至るまでテキスタイル産業の中心地であり、アパレル関連の企業が数多くあります。
MARUTAKAの繊維部門は創業と同時に発足し、今日織糸から製品に至るまでをトータルに取り扱うなど、時代の変化に対応しながらお役立ちしています。